2019年5月6日月曜日

『年鑑イラストレーターズ通信2020』参加者募集

『年鑑イラストレーターズ通信2020』参加者募集を開始します。

今回は参加費を2千円下げ、より参加しやすくしました。
そして実験的な試みとして、カバーイラストレーション担当者を会員外の皆さんの投票で決める「イラ通総選挙」を行います。
「イラ通総選挙」に立候補できるのは、早割で参加を申し込んだ会員のみとなります。

以下詳細となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●年鑑タイトル
『年鑑イラストレーターズ通信2020(vol.19)』


発行予定
2020年2月から4月。


● サイズ
A5(縦)


● 参加者者数
最大300人。
赤字を防ぐため、最低でも200人程度は必要です。


● 発行部数
6,000部の予定。
 そのうちおよそ5,000部を、イラストレーションを発注する企業や個人に向けて発送します。
出版社や雑誌編集部は、大手からマイナーなところまでかなり調べ尽くしています。
デザイン会社は、大手はもちろん、小さな個人事務所やフリーランスまで含みます。
さらには、広告代理店、企業の宣伝部、新聞社、テレビ局、映像関連、ゲーム関連、Web関連などなど……
イラストレーションを発注するであろうあらゆる企業や団体、そして個人まで、かなり網羅されているのではないかと思います。 
ただし、集まった参加者の人数によって調整することもあります。

● 参加費金額
• 通常参加費:28,000円。(消費税別)
• 早割参加費:26,000円。(消費税別) 
年会費が値上がりした分、年鑑の参加費を下げました。昨年より2,000円下げています。より参加しやすい価格となっていると思います。
さらに参加費を割り引く制度がたくさんあります。
こうした制度の一つひとつをうまく活用すると、さらに数千円程度割引される可能性も十分にあります。
ただし、この割引適用のための作業は、それなりに手間と時間がかかります。
余裕をもって準備してください。
詳しくは参加要項をご熟読ください。

● 早割申し込み期限
2019年6月15日(土)24時。


● 参加費振込期限
2019年6月28日(金)15時。


● 掲載作品等のデータ締め切り
2019年8月31日(土)24時。


● 参加の条件

1)「イラストレーターズ通信」会員であること。(年鑑掲載のための作品審査等はなく、会員であれば誰でも参加可能です。)


2)少なくとも2020年4月末日まで(あるいはそれ以降も)、会員としてとどまることをお約束いただく必要があります。

つまりこの年鑑に参加すると、2019年4月末日までに会員期限が来た際に、必ず更新手続きが必要となります。
4月29日が更新日だと、1日不足するだけですが、それでも必ず更新お必要があります。

● 申し込み方法
参加を希望される方は、「Blogイラストレーターズ通信」の「『年鑑イラストレーターズ通信2020』参加申し込みテキスト」をコピーして、電子メールにペーストし、そのまま電子メールソフトでご記入の上、送信してください。

★『年鑑イラストレーターズ通信2020』参加申し込みテキスト:https://illustratorstsushin.blogspot.com/2019/05/2020.html


申し込みは、事務局の電子メールアドレスまで:jimukyoku@illustrators.jp

電子メールのタイトルは、「年鑑イラストレーターズ通信2020参加申し込み」としてください。


お申し込みの電子メールをいただいてから、参加受付の電子メールをお送りするまで、1週間以上かかる場合もございます。
受付の進行状況は、掲示板でも報告します。

返事が届かない場合は、まず掲示板でご確認願います。


● 参加要項
申し込み方法や、データ納品の方法が書かれています。


掲載の作家名の変更は出来かねます
スムーズな作業に支障が生じるため、いったん参加申し込みをいただいたあとの作家名変更はお断りしています。
掲載の作家名は、十分に考えた上でお申し込みください。


● 参加費が免除されるスタッフの皆さんへ
参加費が免除されるスタッフの皆さんも、参加者情報管理のため、申し込みが必要です。
お手数ですが、電子メールにて申し込みをお願いします。

2019年6月15日(土)24時までに連絡がない場合は、「今回は辞退」と判断します。


● DTPスタッフ募集(10名)
今回も、DTP作業を手伝ってくださるスタッフを募集します。

MACOSX,、アドビインデザインCS4以上のバージョン、そしてある程度のDTPの知識が必要です。
手伝ってくださると、この号の年鑑参加費が免除されます。
年会費の免除は、今年から見送らせていただきました。
「参加申し込み書」に、 DTPスタッフを希望することを記入する欄があります。
そこに必要事項を書き込んで、お申し込みください。
先着10人に限りです。
10人になり次第閉め切ります。
毎年、募集直後に10人の枠が埋まります。ご希望の場合はお急ぎください。 
DTPスタッフ募集締め切りの際は、掲示板でお知らせします。


●「イラ通総選挙」について
今回、実験的な試みとして、「イラ通総選挙」を行います。
会員外の人に投票してもらう、会員イラストレーターの人気投票です。

総選挙に立候補できるのは、年鑑2020に早割で申し込んだ会員のみです。

若干名、森流一郎からの推薦枠も設けます。
ツイッターの「リツイート」と「いいね」で投票していただきます。

1位に選ばれた会員は、年鑑2020の参加費を免除し、さらに年鑑2020のカバーイラストレーションを担当してもらいます。イラストレーションの使用料として、報酬も支払います。
2位、3位に選ばれた会員も、年鑑2020の参加費を免除します。






2019年5月4日土曜日

『年鑑イラストレーターズ通信2020』 文字原稿記入テキスト

『年鑑イラストレーターズ通信2020』 文字原稿記入テキスト
ver.2019_05_05
--------------------------------------------------------------------
すべての文字原稿は、このテキストデータに直接記入の上、標準テキスト形式またはリッチテキスト形式で保存し、作品データとともに納品してください。
スムーズな作業進行のため、ご記入に際しては必ず、参加要項をご熟読願います。(参加要項022-026ページ)

決して、他の形に変更したり、書き替えたりしないでください。
必要だと思う部分だけを抜き出すこと、不要だと思う部分を削除することは、厳禁です。

いただいた原稿は、『年鑑イラストレーターズ通信』で統一した表記・表現に修正いたします。
何卒、ご了承ください。

--------------------------------------------------------------------
■作家名
日本語のお名前の場合、原則として、姓と名の間にスペースを入れません。ただし姓または名のどちらか一方またはいずれも一文字の場合は、半角スペースを入れます。
例:[もりあやこ] 
   [MORI Ayako]

作家名が二つある場合は、もうひとつの作家名をマル括弧でくくって記述してください。
例:[森 流一郎(イラスト太郎)] 
   [MORI Ryuichiro (IRASUTO Taro)]

--------------------------------------------------------------------
詳しくは、参加要項をご熟読願います。(参加要項022ページ)

・掲載する作家名:[    ]  
・ローマ字表記(掲載するお名前が英文字の場合はカタカナでフリガナをお願いします):[    ]



--------------------------------------------------------------------
連絡先 
1件以上、4件以内
電子メールアドレスは、必須です。
[ ] 内に連絡先を記入し、その後の( )にその連絡先の種類(住所、電話番号、メールアドレス、ホームページアドレス、「Webイラストレーターズ通信」個人ページのURLなど)を入れてください。
住所を入れる場合は、都道府県を省略しないでください。住所には郵便番号も必須です。
4件必要ない場合は、必要なものだけ書いて、他は空欄にして下さい。

例:
●連絡先1:[188-0004 東京都西東京市西原町5-3-5] (住所)
●連絡先2:[042-452-6455] (電話)
●連絡先3:[mori@ryuichiro.net] (電子メール)
●連絡先4:[http://www.ryuichiro.net] (ホームページアドレス)
--------------------------------------------------------------------
詳しくは、参加要項をご熟読願います。(参加要項023ページ)

●連絡先1:[        ] (   )
●連絡先2:[        ] (   )
●連絡先3:[        ] (   )
●連絡先4:[        ] (   )



--------------------------------------------------------------------
可能な納品形態に○をいれてください
--------------------------------------------------------------------
詳しくは、参加要項をご熟読願います。(参加要項023ページ)

・デジタル [ ] 
・アナログ [ ]


--------------------------------------------------------------------
作品キャプション
--------------------------------------------------------------------
仕事で使用していない場合は、「媒体の種類」にオリジナルと入れてください。
オリジナル作品のみ「タイトル」を入れられます。仕事で使用した場合は「作品タイトル」を掲載しておりません。
仕事で使われた作品は「媒体の種類」「媒体タイトル」「クライアント名」が必須です。
デザインされた状態の場合は、デザイナー名などの「制作スタッフの個人名、会社名」が必須です。
イラストレーションのみで、デザインされていないものは、デザイナー名などは不要です。
詳しくは、参加要項をご熟読願います。(参加要項023-026ページ)


・作品ナンバー001:作品タイトル「  」、 媒体の種類:   、媒体タイトル『  』、 クライアント名[  ]、エージェンシー(広告代理店、イラストエージェンシーなど):   、制作スタッフの個人名、会社名: 

・作品ナンバー002:作品タイトル「  」、 媒体の種類:   、媒体タイトル『  』、 クライアント名[  ]、エージェンシー(広告代理店、イラストエージェンシーなど):   、制作スタッフの個人名、は会社名: 

・作品ナンバー003:作品タイトル「  」、 媒体の種類:   、媒体タイトル『  』、 クライアント名[  ]、エージェンシー(広告代理店、イラストエージェンシーなど):   、制作スタッフの個人名、会社名: 

・作品ナンバー004:作品タイトル「  」、 媒体の種類:   、媒体タイトル『  』、 クライアント名[  ]、エージェンシー(広告代理店、イラストエージェンシーなど):   、制作スタッフの個人名、会社名: 

『年鑑イラストレーターズ通信2020』 参加申し込みテキスト

『年鑑イラストレーターズ通信2020』参加申し込みについて

『年鑑イラストレーターズ通信2020』への 参加を希望する会員は、 
このページの参加申し込みテキストをコピーし、 
電子メールにペーストして、 
そのまま電子メール上で必要事項を記入して、 
そして事務局まで電子メールを送信して申し込みます。

イラストレーターズ通信会員のみが、参加出来ます。 

これは連絡先を含め、年鑑に印刷されるものではございません。 
 イラストレーターズ通信事務局で参加者の情報として保存・管理させていただくものです。  
申し込みは事務局の電子メールアドレスまで:jimukyoku@illustrators.jp  
電子メールのタイトルは「年鑑イラストレーターズ通信2020 参加申し込み」としてください。  
この参加申し込みテキストの一部を抜き出したり、削除を加えることは厳禁です。 
● 早割申し込み期限:2019年6月15日(土)24時 
● 早割参加費振込期限:2019年6月28日(金)15時 
● 参加費:通常28,000円、早割26,000円です。 
さらに割引く制度が多数あります。うまく利用すると、さらに数千円程度安くなることもあります。 

参加要項には、申し込み方法やデータ納品の方法が詳しく書かれています。
早割申し込み参加要項:http://moriillustration.net/download/Nenkan2020Yoko_haya.pdf



・・・・・・・・・・・・・

『年鑑イラストレーターズ通信2020』参加申し込みテキスト



--------------------------------------------------------------------

 申し込み年月日


[     ]

--------------------------------------------------------------------

 お名前


・年鑑に掲載する作家名(会員としてイラ通に登録されているお仕事上のお名前。)[     ]
  • 作家名のフリガナ(カタカナでお願いします)[     ] 
  • 本名[     ]


--------------------------------------------------------------------

 連絡先


年鑑に掲載されるものではありませんが、各種の連絡、出来上がった年鑑の発送のために事務局で登録します。変更があったものだけご記入ください。以前事務局にご登録いただいた時から変更がない場合は記入不要です。  
  • 郵便番号[     ] 
  • 住所[     ] 
  • 電話番号[     ] 
  • ファックス番号[     ] 
  • 携帯またはPHS[     ] 
  • メールアドレス(携帯用メールは不可)[     ]


--------------------------------------------------------------------

作品を制作したOSとソフト名


  • 年鑑に掲載されるものではありませんが、DTP作業上のトラブル防止のため、作品を制作する予定のパソコンのOS名とソフト名を教えてください。 
  • アナログ制作の場合は、どうやってデータ化したか、最終的に何のソフトで保存する予定かを教えてください。 
[     ]

--------------------------------------------------------------------

■「会員であることを積極的に名乗っている」割引

一件につき、200円の割引です。  詳細は参加要項p.009-014をご熟読願います。 
SNSの場合、ほとんど情報を発信していない、フォロワーがほとんどいないなど、アクティブでないと判断される場合は、割引対象外とすることもございます。
1)名刺割り引き
 イラストレーターとしてお仕事で使っている名刺に、「イラストレーターズ通信会員」と明記していると、200円を割り引きます。
事務局で確認のため、名刺の写真を申し込みのメールに添付してください。 
手書きで「イラストレーターズ通信会員」と書かれているもの、修正テープやシールで貼っているものは、ほかでも必ず書いている(貼っている)ことが確認できないため、割引適用外となります。
イラ通に登録している作家名と名刺の名前が完全位一致することも条件です。 

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか?
[ ]内に○を入れてください。 
 ・はい[ ](写真を添付してください。) 
 ・いいえ[ ]


2) 郵便物で「イラストレーターズ通信会員」と明記している割引
例えば、年賀状、暑中見舞い、寒中見舞い、個展の案内状等で、自身の肩書きとして、「イラストレーターズ通信会員」と明記していることが条件です。2019年正月に事務局または森流一郎宛に届いた年賀状や寒中見舞いで確認します。 
今年の年賀状や寒中見舞いが事務局や森流一郎宛に届いていない場合は、割引対象外となります。
また、イラ通に登録している作家名と名刺の名前が完全位一致することも条件です。  

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。 
 ・はい[ ](届いている年賀状、寒中見舞い、暑中見舞いで確認します。それ以外の郵便物の場合はその写真を添付してください。)  
 ・いいえ[ ]

3)facebook割引
1)ご自身のfacebookアカウントまたはFacebookページの自己紹介、詳細情報、ページ情報、ストーリー等に「イラストレーターズ通信会員」と記載している。 
2)「イラストレーターズ通信」Facebookページ(http://www.facebook.com/illustrators.jp)の「いいね!」をクリックしている。 
3)名前の表記がイラ通に登録している作家名と一致している。または、作家名がどこかに記載されている。 
上記、三つの条件を満たしている場合は、200円割り引きます。 割引は1アカウントまで。

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。  
 ・はい[ ]Facebookのアドレス[      ] 
 ・いいえ[ ] 
  
「はい」の場合は、上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。

4) twitter割引
1)ご自身の twitterアカウントプロフィール等に「イラストレーターズ通信会員」と記載している。 
2)「イラストレーターズ通信」アカウント(https://www.instagram.com/illustratorstsushin)をフォローしている。 
3)名前の表記がイラ通に登録している作家名と一致している。または、作家名がどこかに記載されている。 
上記、三つの条件を満たしている場合は、200円割り引きます。 
割引は1アカウントまで。

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。
 ・はい[ ]twitterアカウントまたはアドレス[     ] 
 ・いいえ[ ]

「はい」の場合は、上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。  
 
5) Instagram割引
1)自身のInstagramアカウントのプロフィールに「イラストレーターズ通信会員」と記載している。 
2)「イラストレーターズ通信」アカウント(https://www.instagram.com/illustratorstsushin)をフォローしている。 
3)名前の表記がイラ通に登録している作家名と一致している。または、イラ通に登録している作家名のローマ字表記になっている。
割引は1アカウントまで。

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。
 ・はい[ ]アカウントまたはアドレスをお願いします。[     ]  
 ・いいえ[ ]
「はい」の場合は、上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。   

6)ご自身のWebサイトやブログ割引
1)「イラストレーターズ通信会員」と記載している。 
2)「Webイラストレーターズ通信」のトップページまたはご自身のページにリンクしている。 
3)名前の表記がイラ通に登録している作家名と一致している。または、作家名がどこかに記載されている。
事務局で確認しますのでアドレスをおしらせください。 
上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。
ご自身のイラストレーターとしての活動の宣伝に利用しているホームページとブログでそれぞれに記載した場合最大2件まで割引します。 

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。
 ・はい[ ]アドレスをお願いします。[     ]
 ・いいえ[ ]
「はい」の場合は、上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。   


7)その他のSNS、イラストレーター登録サイト、団体サイト割引(Tumblr、Flickr、Pinterest、Behance、pixiv、TISのサイト、「イラストレーションファイルweb」など)


1)「Webイラストレーターズ通信」のトップページまたはご自身のページにリンクしている。
「イラストレーターズ通信会員」と記載している。 
2)「イラストレーターズ通信会員」と記載している。 
3)名前の表記がイラ通に登録している作家名と一致している。または、イラ通に登録している作家名のローマ字表記になっている。
事務局で確認しますので、そのサービス名とアドレスをおしらせください。 
上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。 
当てはまるものを全て書いてください。件数分割り引きます。ただし、一つのサービスにつきアカウント1件までです。 
複数のサービスで当てはまる場合は、記入欄を増やしてください。 

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。
 ・はい[ ]サービス名とアドレスをお願いします。[     ]
 ・いいえ[ ]
 「はい」の場合は、上記三つの条件を満たしていることを確認できる画面のキャプチャー画像も添付してください。   


8)電子メールの署名割引
1)「イラストレーターズ通信会員」と記載している。
2)署名の名前が、イラ通に登録している作家名と一致する。 
3)この署名を、お仕事や友人などとの電子メールで必ず使っている。 
4)その署名を会員でいる間ずっと使うことを約束する。
条件に当てはまる場合は200円割り引きます。 
申し込みの電子メールの署名で確認します。今後も、事務局に届くメールで確認します。 

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。
 ・はい。[ ]
 ・いいえ。[ ]


9)出版物のプロフィール割引
1)年鑑、書籍、雑誌、ムックなどの出版物に掲載された際のプロフィール欄に、「イラストレーターズ通信会員」と記載している。
2)名前の表記が、イラ通に登録している作家名と一致する。  
発売後2年以内の出版物が対象です。 
自費出版の画集、ZINE、宣伝用冊子でもOKです。 
事務局で確認しますので、掲載されている出版物のタイトルと出版社名をお知らせの上、その写真やスキャンした画像を申し込みメールに添付してください。 
200円を割り引きます。 
複数ある場合は、その冊数分を割引します。

◯ この割り引きの条件に当てはまりますか? [ ]内に○を入れてください。
 ・はい。[ ](タイトルと出版社名、および画像をお願いします)
 ・いいえ。[ ] 




--------------------------------------------------------------------
「著作権譲渡にNO」割引
ご自身のWebサイトやBlogで「著作権譲渡にNO!」の文字を入れ、「Blogイラストレーターズ通信」の次のページにリンクすると、200円の割引になります。http://illustratorstsushin.blogspot.jp/search/label/著作権譲渡にNO! 
「著作権譲渡にNO!」の文字を入れ、リンクを貼っていますか? 
 ・はい[ ]アドレスをお願いします。[     ] 
 ・いいえ[ ]


--------------------------------------------------------------------

「お仕事報告」割引

「お仕事報告」としてWeb のお仕事報告ページ(http://www.illustrators.jp/list_job.php)に情報をアップしている方は、割引をいたします。 
下のカッコ内に、お仕事報告の件数とその具体的な内容、その情報の年月日(お仕事報告のページ、名前の下辺りに出ている年月日です)をお願いします。 
念の為、アップされている画面をキャプチャー画像にとってメールに添付してください。 
ただし、過去の年鑑参加の際に割引を適用したものは省きます。 
まだ未掲載の「お仕事報告」がある場合は、会員ご自身でお仕事報告にアップしてから申し込みをお願いします。 
「イラ通」をきっかけとしないお仕事は対象外です。 
1件につき200円の割引です。 
 詳細は参加要項p.013をご熟読ください。

[     ]


--------------------------------------------------------------------

「感想」割引

感想ページ(http://www.illustrators.jp/impressions.php)に、当団体に関する感想を書いていただいている場合も、200円の割引となります。 
ここは、これから当団体に入会することを検討している会員外のイラストレーターに参考になるような内容をお願いしています。 
この趣旨にそぐわない場合(クライアントに向けた挨拶になっている、自己紹介になっているなど)、内容が古いと思われる場合(入会して何年も経っているのに、入会して数ヶ月かのような内容になっているなど)は、割引対象外となります。 
大変恐れ入りますが、割り引くかどうかの判断は事務局にお任せください。 
 詳細は参加要項p.013をご熟読ください。

「感想」ページに記入していますか? 
 ・はい[ ]
 ・いいえ[ ]

--------------------------------------------------------------------

■ DTPスタッフを希望する場合

 DTPスタッフは、年鑑の参加費が免除されます。 
10人を募集します。 
先着順で、席が埋まり次第締め切ります。
詳細は参加要項p.014をご熟読ください。 

DTPスタッフを希望しますか? 
・はい[ ] 
・いいえ[ ]

「はい」の場合は、次の二つをお知らせください。 
MACOSのバージョン[     ] 
アドビインデザインのバージョン[     ]


--------------------------------------------------------------------

■ 何らかのスタッフで、年鑑参加費を免除される場合

詳細は参加要項p.012をご熟読ください。何のスタッフかをご記入ください。[     ]

--------------------------------------------------------------------

■ その他、なんらかの割引対象となる場合

割引の内容をご記入ください。[     ]


--------------------------------------------------------------------

■ 2020年4月の末日まで、あるいはそれ以上の期間、会員としてとどまることをお約束ください。

これは、「イラストレーターズ通信」という団体の年鑑ですので、発行時期に会員でいる必要があるます。そのため、上記の期日まで会員であることをお約束願います。 
4月30日の前に更新期限が来たら、必ず更新していただくことになります。 
4月29日が会員更新日だとすると、1日足りないだけですが、1日足りないだけでも、必ず更新していただく必要があります。
ただし、年会費を免除する会員は省きます。 
お約束いただけますか?[ ]内に○を入れてください。 
恐れ入りますが、「はい(または年会費を免除されている)」に○がない場合は参加を受付け出来かねます。  
 ・はい(または年会費を免除されている)[ ] 
 ・いいえ[ ]

--------------------------------------------------------------------

■ 参加要項に対する了承のお願い

早割申し込み参加要項:http://moriillustration.net/download/Nenkan2020Yoko_haya.pdf
この参加要項をご熟読いただき、すべての内容を理解した上で、了承いただけますか?  
[ ]内に○を入れてください。 
恐れ入りますが、「はい」に○がない場合は参加を受付け出来かねます。 

 ・はい[ ] 
 ・いいえ[ ]

2019年4月23日火曜日

「イラストレーターズ通信」のロゴが出来ました。

■ ロゴ発表






イラストレーター団体「イラストレーターズ通信」のロゴが決まりました。

デザインは、会員のBONNOUMさん。
アイデア協力は、会員のWOODYさんです。
「ズ」の文字の周りはパレットの形から来ています。
「ズ」の点々の部分にピンクと黄色の絵の具が入っているイメージです。

「イラストレーターズ通信」が掲げるビジョンは次の4つです。
1)世の人々に向けて、イラストレーションという名の小さな幸せを届ける。
2)商品やサービスにイラストレーションという名の小さな幸せをプラスすることで、クライアントがより豊かになることを目指す。
3)イラストレーターも豊かで幸せに生活できることを目指す。
4)そして、イラストレーションが溢れる、豊かで幸せな社会を目指す。

「ズ」の点々の部分にあるピンクは、「幸せ」を意味します。
そして黄色は、「豊かさ」を意味します。
ピンクと黄色で、団体のビジョン全体を象徴しています。

このロゴを年鑑タイトル、Webサイトのタイトル、名刺、封筒、各種印刷物などで使っていきます。
どうぞよろしくお願いします。



2019年3月29日金曜日

「著作者人格権の不行使」について

「『著作者人格権を行使しない』という特約のある契約を強要された」という報告が増えています。
イラストレーターの間では、著作権譲渡と並ぶ大きな問題となりつつあります。
この特約のある契約は、イラストレーターにとって極めて深刻なリスクをはらんでいるのです。
そのリスクに関して、まだほとんどの方が気がついていないと思われます。
そこで、そのリスクに関しての説明をした上で、イラストレーションを発注する企業やご担当の皆様への「お願い」をさせてください。
 
著作者人格権には、主に、次の4つがあるとされています。

1)公表権(著作権法18条)
2)氏名表示権(著作権法19条)
3)同一性保持権(著作権法20条)
4)名誉声望保持権(著作権法113条6項)

一つ目の「公表権」とは、未発表の作品を世に出す権利です。
イラストレーターは、いつどんな形で作品を公表するか決める権利を持ちます。

二つ目の「氏名表示権」は、著作物を公表する際に、氏名(実名、芸名、ペンネームなどを含みます。)を表示するか、あるいは表示しないかを決める権利です。

三つ目の「同一性保持権」は、作品を勝手に修正・改変されない権利です。多くのイラストレーターにとって、作品は自らの分身です。
感情や思想、そのものを込めて描きます。
何かの都合で、変更を加えられることに、大きな抵抗感があることも少なくありません。
そうしたイラストレーターの感情を保護するのが、この権利です。

そして4つ目の「名誉声望保持権」は、著作者の名誉や声望を貶めるような利用を禁じる権利です。
著作権法113条6項では「著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなす。」とされています。
例えば、美術作品を風俗店の宣伝に使うことなどが、名誉や声望を貶めるような利用に該当すると考えられます。

契約書に「著作者人格権を行使しない」という特約があると、イラストレーターは、これらの権利全てを失うも同然となります。


イラストレーションを発注する皆様は、深く考えることもなくこうした条件で発注しているのではないかと想像しますが、これはイラストレーターにとっては大きな問題なのです。

こうした契約を結んだイラストレーターがどんなことになるか考えてみましょう。

たとえば、勝手に違う名前のクレジットを入れられても、イラストレーターは文句を言えません。

あるいは、魂を込めて描いた作品の構図を大幅に変えられ、人物の表情もポーズも違うものにされたとしても、イラストレーターは黙っているしかありません。

さらに恐ろしいことも考えられます。
一般向けのゲームのためにで描き下ろした女の子のイラストレーションが、一糸まとわぬ姿に改変されてアダルトゲームに使われたとしたらーー。
そんなことになれば、多くのイラストレーターが名誉や声望を貶める利用だと感じることでしょう。
「ありえない」と思うかもしれませんが、そうした事件は実際に起きています。

http://www.sankei.com/west/news/160523/wst1605230007-n1.html


この事件では、イラストレーションを担当した漫画家が裁判で勝利しました。
でもそれは、著作者人格権を行使できる契約だったからだったと推測されます。
もし、同一性保持権と名誉声望保持権を含む著作者人格権全般が行使できないのだとすれば、この漫画家にとって、裁判はかなり難しいものになっていたでしょう。

イラストレーターにとってこれほどに不利な契約を、十分な説明もなく強要することに、大きな問題を感じています。

大変残念なことに、一部の弁護士は、「企業のリスク回避のため」と称して、「著作者人格権を行使しない」という特約のある契約を奨励しているようです。
弁護士という世間で尊敬されている職業の人間が、創作者の権利よりも企業の論理を優先することに大きな悲しみを感じます。

この問題の本質は、「著作者人格権を行使しない」という特約があまりにも広い権利の不行使を含みすぎている点にあると考えます。
企業の業務をスムーズに進める上で、「著作者人格権を行使しない」部分もある程度はあるべきだと思います。
しかし、安易に広い権利を取り上げてしまうことで、イラストレーターが大きなリスクを背負うことになっているのです。

そこまで広い権利を取り上げるのではなく、業務上必要な範囲に限定した不行使特約を盛り込んだ契約も可能なのではないでしょうか?

イラストレーションを発注する側(企業・自治体・団体等)の業務進行上の都合で、作品をトリミングする必要が出てくることはあると思います。
その都度イラストレーターに了解を得るのは、確かに生産性が悪いでしょう。
しかし安易に著作者人格権の広い権利を取り上げるとイラストレーターにリスクがあります。
ならば契約書に、「イラストレーターは、著作物の個性を損なわない範囲において多少のトリミングを承諾する」と盛り込んでおけばどうでしょう?

多少の色の変更が必要な場合は、「イラストレーターは、著作物の個性を損なわない範囲において多少の色の変更を承諾する」とする方法も考えられます。

これでも多くの場合、発注側も問題なく業務を進められるのではないでしょうか?

ただし、どこまで改変することを許容するかは、イラストレーターによって違います。
契約書作成時は、不行使の範囲をどうするのかについて、ご依頼のイラストレーターと十分な話し合いを持っていただけると幸いです。

また、広告では名前を表示しないことも多いです。そうしたケースであっても、「広告においては、著作者の氏名を表示しない」などと、氏名を表示しない場面を契約書に明記しておけば、十分なはずです。

イラストレーションの発注担当の皆様、「著作者人格権を行使しない」とする特約について、今一度、慎重に考えていただけるとありがたいです。
誠実に話し合えば、ほとんどのケースで双方が納得できる契約は可能だと信じています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。




参考資料:Wikipedia「著作者人格権」(https://ja.wikipedia.org/wiki/著作者人格権

※この文章を書くにあたって、顧問弁護士より様々なアドバイスも頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


2018年10月23日火曜日

イラストレーターのためのSNS活用術

会員専用掲示板では、仕事につなげるSNSテクニックを講義しています。

持ち込みを受け付けてくれる出版社やデザイン会社は激減しました。
イラストレーターに発注する方々の多くは、インターネットでイラストレーターを探しているようです。
では、イラストレーターはSNSをどう使えばいいのか?
そこを解説しています。


2018年10月11日木曜日

イラストレーターの名前について(1)

イラストレーターとしてスタートする際は、名前についてよく考えましょう。


イラストレーターとしての名前を決めたなら、実際にその名前で活動を始める前にしておくべきことがあります。
イラストレーターとして活動している他の誰かの名前と同じになっていないか調べるのです。
同じ名前のイラストレーターとして活動を始めてしまうと、先に始めていた人への営業妨害となるからです。

たとえば誰かが芸能人を始めるにあたって、すでに有名な誰かと同じ名前で活動したらどうなるか想像してみましょう。
新人タレントが、「木村拓哉」や「吉永小百合」という名前でテレビにでるわけです。
先にその名前で活動している人に迷惑がかかるのは、間違いないです。
一般視聴者にも混乱を与えます。

漫画家の秋本治さんは、デビュー当初「山止たつひこ」というペンネームでした。
「ガキデカ」等で有名な山上たつひこさんとそっくりな名前です。
しかし、山上たつひこさんからクレームが来たこともあり、秋本治に変更したそうです。

また、これはとある女性イラストレーターに実際にあった話です。
本名で活動していたところ、見知らぬ先輩イラストレーターから連絡が来て「私とそっくりな名前での活動をやめてほしい」と苦情が来たそうです。
彼女はペンネームに変更しました。

芸能人も漫画家も、そしてイラストレーターも、先にその名前で活動している人がいるのなら、使わないのがマナーでしょう。
おそらく、商標登録されていない限り、法的な問題はないだろうと思いますが、先に活動している人はいい気分ではありません。
あなたにとっても、同じ名前で活動している他のイラストレーターがいたとしたら、いいことはないでしょう。
間違えてあなたに発注が来ることもあるだろうし、逆にあなたと間違えて他のイラストレーターに発注がいくこともあるでしょう。
実際に同じ名前(または似た名前)で活動している他のイラストレーターと間違われた話を聞いたことがあります。
これはあなたにとっても、似た名前で活動する他のイラストレーターにとっても、いいことではありません。
イラストレーションを発注する側にもわかりにくいし、イラストレーションを楽しむ一般の人々にも混乱を与えます。

同じ名前で先に活動している他のイラストレーターからクレームが来て、名前を変更しなければならなくなる可能性もあります。
ある程度名前が知られてからの変更は、デメリットも大きいです。
将来の無用なトラブルを防ぐためにも、デビューする際によく調べてから名前を決めましょう。

調べる方法は簡単です。
インターネットで「その名前とイラストレーターという言葉」で検索してみるのです。
例えば「森流一郎 イラストレーター」という感じです。

同じ名前の人がいたら、たとえそれがあなたの本名であっても、使うのはやめておきましょう。
別の名前を考えましょう。
できれば類似した名前も避けたいです。

ペンネームを考えるのも楽しいです。
10年後そのペンネームで活躍していることを夢想しながら、自分に合った名前を考えましょう。

名前が同じになってしまうトラブルを防ぐには、ありがちな名前を避けるのも一つの手です。
でも、特殊な文字や記号は避けましょう。
文字化けする可能性のある文字や記号、Webでうまく表示されない可能性のある旧字などは避けるべきです。
また、電話で名前を尋ねられたとき、スムーズに伝えられることも大事です。特殊な漢字や記号はうまく伝えにくいことがあります。

わかりやすくて、読みやすくて、そしてあなたらしい名前がいいと思います。