2018年6月13日水曜日

プロイラストレーターで成功するために必要な、絵の五大要素

プロフェッショナル・イラストレーターとして成功するために必要な、絵の要素が五つあります。

絵の要素としてはこのつ以外にもあるでしょうが、私が日頃若手のイラストレーションを見るときの基準としてこのつの要素で評価することが多いのです。

「とても上手い。技術点は10点満点。だけどセンスはイマイチ5点だな」
「大衆性は素晴らしいから9点。でも世界観は平凡で3点かな」といった感じです。

すべてで高得点の人は、プロでも滅多にいないでしょう。
今で言えば、木内達朗さんや網中いづるさんなどごく一部の方のみだと思います。

全部で満点を取る必要はないので、自分の得意な要素を見極めて、より伸ばすことが大事だと思います。

それでは、五つの要素を説明していきますね。


技術
イラストレーターになるためには、間違いなく、絵の技術が必要です。 
これがなくてはイラストレーターにはなれません。 
デッサン力、遠近法、画材の使い方、などの様々な技術が必要です。 
これらは学びさえすれば、比較的身につきやすいものです。


センス
色のセンス、ディフォルメのセンス、構図のセンス、モチーフを選ぶセンス、絵の見せ方のセンス‥‥ 
こうしたセンスも間違いなく必要なものです。 
技術がよくても、センスは悪いイラストレーションというのはあります。 
残念ながら、そういう絵がイラストレーションの仕事で使われることは少ないでしょう。 
逆に、技術は多少下手でも、センスの良いイラストレーションなら、いいイラストレーターになれる可能性があります。 
たくさんの美しいものを見て、感じることで養われるでしょう。


世界観
世界観も大事な要素です。世界観が弱くともイラストレーターになれますが、一流になることは難しいでしょう。 
一流のイラストレーションと、三流のイラストレーションを分けるのは、この世界観ではないかと思います。 
一流になることが正解ではないですが、世界観を持っている人は一流になれる可能性があると思います。 
世界観は、それまでの人生経験、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、演劇鑑賞などにより、少しずつ形成されるものです。 
技術を獲得するよりも、ずっと難しいと思います。

個性やオリジナリティと呼ばれるものは、この世界観に含まれていると考えます。 
独自の世界観が強いものは、個性的でオリジナリティの高い作品となります。


時代性
流行は追う必要がないものです。 
しかしその時代の中で、時代の風を感じて生きることは大切だと思います。 
そこから自然と作品に滲み出てくる雰囲気が、イラストレーションの時代性となります。
時代性のないイラストレーションは、いい仕事に恵まれることが少ないでしょう。
とはいえ、「今こんな絵が流行っているから」という理由で描いたイラストレーションは、とてもつまらなくなります。 

70年代の横尾忠則も80年代の日比野克彦も、その時代を代表するイラストレーターです。
二人とも、時代性という点で第一級の作品群を残しています。 
しかし、決して流行を追いかけたりはしていません。 
その時代の風を受け、その時代の空気を吸って生きていく中で、自然と魂から湧き出たものが、結果としてその時代を代表する作品になったのではないかと想像します。


大衆性
現代美術と違って、イラストレーションは大衆のものだと思います。 
ごく一部の人だけがわかればいいものではなく、広く大衆に喜んでもらえるものがイラストレーションだと思います。 
ただし、すべての人に好かれるイラストレーションはありえません。 
 あなたの表現したいことを大事にし、その世界観に共感してくれる人に喜んでいただく、そんな作品を作り続ければ良いのだと思います。
大衆を意識しない人もいるでしょう。
 誰かに喜んでいただくためではなく、ひたすら自分の好きなものを描くタイプです。 
結果として、ごく一部の人から熱狂的に支持される可能性もあると思います。
 しかし、大衆に求められなければ、食べていくことは難しいでしょう。 
そしてそんな生き方をする人は、イラストレーターではなく、アーティストと呼ぶべきかもしれません。 
アーティストという生き方も素晴らしいものです。 
どう生きるかは、各自自分で決めるべきでしょう。 



イラストレーターズ通信会員は、会員専用掲示板にて、この記事の内容に関する質問をすることができます。
誠に恐れ入りますが、会員以外の方の質問には対応しておりません。
会員専用掲示板では、イラストレーターが仕事をしていく上での不明点、絵の描き方に関する疑問点・アドバイス、イラストレーターの仕事上のトラブルに関する相談など、さまざまな質問・相談が可能です。
イラストレーターズ通信:http://illustrators.jp
入会の案内はこちら:http://illustrators.jp/recruit.htm


※この文の著作権は森流一郎にあります。著作権法上の例外を省き、無断使用を禁じます。


2018年6月8日金曜日

プロフェッショナル・イラストレーターのためのカラー設定(その2)

前回は、照明の選び方、パソコン周り、そしてディスプレイのカラー設定についての解説を行いました。

今回は、Adobe PhotoshopとAdobe Illustratorのカラー設定のやり方を説明していきます。

この二つのソフトは、プロフェッショナル・イラストレーター必携の2大グラフィックソフトです。
これからバリバリ活動していこうという方は、必ず買い揃えましょう。

  



Photoshopとillustratorは初期設定のままでもそれなりに使えるのですが、プロフェッショナルイラストレーターなら、カラー設定をカスタマイズして使いたいです。

それでは、カラー設定のやり方を具体的に見ていきましょう。


1)カラー設定は、「Adobe Bridge」で行う。
Adobe Bridgeは、PhotoshopやIllustratorに同梱されているソフトです。
PhotoshopとIllustratorを購入したら、Bridgeも忘れずにインストールしましょう。
Adobe Bridgeを使えば、PhotoshopとIllustratorの両方のカラー設定が一発で可能です。 
印刷物に使うイラストレーション製作時とWebに使うイラストレーション製作時のカラー設定は異なります。
仕事に合わせてこの二つの設定を切り替えて作業するのが、プロフェッショナル・イラストレーターです。


2)印刷物用のカラー設定の方法
まず、印刷物に使うイラストレーション製作時のカラー設定のやり方から説明します。

Adobe Bridgeのメニューの「編集」から「カラー設定」を選びます。

すると次のような画面が開きます。

初期設定ではこのように「一般用-日本2」となっているはずです。
これを「プリプレス用-日本2」に変更します。

「プリプレス用-日本2」は、Adobeが推奨する印刷物制作用の設定です。「プリプレス用-日本2」を選んだら、「適用」をクリックしましょう。
これで、PhotoshopやIllustratorをはじめとするすべてのAdobe製品のカラー設定は、「プリプレス用-日本2」となります。
印刷物向けのイラストレーションを制作するなら、この設定を使いましょう。


3)Web用のカラー設定の方法
次にWeb用のカラー設定についても説明します。

先ほどと同じく、Adobe Bridgeのメニューの「編集」から「カラー設定」を選びます。



すると次のような画面が開きます。




ここで、「Web・インターネット用-日本」を選びます。

「適用」をクリックして終了です。
これで、PhotoshopやIllustratorをはじめとするすべてのAdobe製品のカラー設定は、「Web・インターネット用-日本」となります。 
Web、インターネット用の画像などはこの設定で制作します。

4)RGBの作業スペースについて
Adobe Bridgeで「プリプレス用-日本2」に設定した状態で、Photoshopのカラー設定を確かめてみましょう。 
Photoshopを起動して、メニュー「編集」から「カラー設定」を選ぶと次のような画面が開きます。

「作業スペース」のRGBは、「Adobe RGB」になっています。
Adobe RGBは、Adobe社がDTP作業用に定義したカラー領域です。
一方、多くのパソコンは初期設定でディスプレイのカラーは、sRGBになっています。
この二つとCMYKの色域の違いを比較してみましょう。


この図で見るとお分かり頂けると思いますが、sRGBの色域は意外に狭く、CMYKで再現可能な色域がカバーしきれていません。
それに比べると、Adobe RGBは色域が広く、CMYKの色域をほぼカバーできます。
このため、DTP用の作業ではAdobe RGBが推奨されています。(※1 )


5)カラー変換時のマッチングについて
今度は、Photoshopの変換オプションを確認します。
Photoshopを起動して、メニュー「編集」から「カラー設定」を選ぶと次のような画面が開きます。


「プリプレス用-日本2」に設定されている場合、「変換オプション」の「マッチング方法」は、「知覚的」となっています。 
一般的にはこの「知覚的」で問題ないのですが、好みによっては「相対的な色域を維持」でも構いません。 

「知覚的」は、色のバランスを重視した変換方法です。色域の外にある色をバランス良く色域内に圧縮する感じです。
ただし、全体的に彩度が下がって、かなりくすんだ仕上がりになります。 
「相対的な色域を維持」は、色域の外にある色を境界付近に圧縮して押し込める変換方法です。
CMYKに収まる色は元の色に近いまま変換されます。「知覚的」に比べると彩度があまり落ちにくいとされています。 
個人的にはこちらの方が自然な変換になるような気もします。 

どちらがいいのかは一概に言えません。
あなたの作風や使われている色にもよるからです。 
自身の作品でいろいろ試してみて、好みの方に設定しておきましょう。

また、 印刷前提の作品をRGBで制作する際は、CMYKで再現可能な色を使うこともプロフェッショナル・イラストレーターに必要なスキルでしょう。
CMYKが苦手なのは、彩度の高い色です。特に青系から緑系にかけての鮮やかな色は苦手です。赤系は比較的RGBとのズレが少ないです。 
CMYKへの変換前にどの色が印刷に出ないかを確認する方法があります。
Photoshopのメニューの「表示」→「色域外警告」を選ぶと、印刷に出ない色がグレー表示に変わります。






6)印刷物とWeb両方で使うイラストレーションはどうするか?

印刷物とWeb両方で使われることが前提のイラストレーションもあります。そんな作品をPhotoshopで制作する場合はどうすればいいのでしょう。 
解像度の関係から、Web用のPhotoshop作品を後から印刷物用に変換することはできません。
印刷物用として制作・納品し、Web用のデータへの変換はデザイナーにお任せするのが一般的です。
しかしそうすると、Web用作品の彩度が落ちてしまいがちです。
イラストレーター側で、CMYKに変換する前のRGBのデータからWeb用のデータを制作してもいいでしょう。
そして、印刷物用、Web用両方を納品するのです。
その方が、納得のいく仕上がりになることも多いと思います。 



2大グラフィックソフトのカラー設定の解説はここまで 。
次回は、グラフィックソフトとプリンターとの色合わせについて解説します。


(※1 )ただし、Adobe RGB全域が表示できるディスプレイは高価です。私は持っていませんが、「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」ならば、かなりAdobe RGB全域に近い表示が可能になっているようです。

プロフェッショナル・イラストレーターのためのカラー設定(その1)


イラストレーターズ通信会員は、会員専用掲示板にて、この記事の内容に関する質問をすることができます。間違いの指摘も歓迎します。
誠に恐れ入りますが、会員以外の方の質問には対応しておりません。
会員専用掲示板では、イラストレーターが仕事をしていく上での不明点、絵の描き方に関する疑問点・アドバイス、イラストレーターの仕事上のトラブルに関する相談など、さまざまな質問・相談が可能です。
イラストレーターズ通信:http://illustrators.jp
入会の案内はこちら:http://illustrators.jp/recruit.htm


※この文の著作権は森流一郎にあります。著作権法上の例外を省き、無断使用を禁じます。


2018年6月4日月曜日

プロフェッショナル・イラストレーターのためのカラー設定(その1)

プロフェッショナル・イラストレーターが、パソコン(Mac)でイラストレーションを制作する際のカラー設定のやり方について解説します。

「お仕事で描いたイラストレーションが印刷物になって仕上がってきた際になんだかイメージしていた色味と少し違う」そんなことが毎回のように続く場合は、パソコンのカラー設定のどこかがおかしいのかもしれません。
この記事を参考にして、ご自身のカラー設定を見直してみましょう。



1)照明は、昼白色(3波長形)の蛍光灯。できれば「色評価用」の製品を。
部屋の照明の色も、ものの見え方に影響します。原画とディスプレイの色味を見比べようとしても、照明の色が正確でなければ、正確な判断はできません。
部屋全体の照明、及びデスクライトは、昼白色の蛍光灯を使いましょう。
一般的な照明は、 次の3色があります。

  • 電球色(温かみのある暖色系の光) 
  • 昼白色(太陽の色に近い自然な光) 
  • 昼光色(青白い光)
このうち昼白色がもっとも昼間の太陽の光に近いのです。
そして昼白色蛍光灯の中でも、特に「3波長形」がオススメです。
太陽光に近い、より自然な色で発光します。
 一般的な電気屋さんで売られています。お店で「3波長型」と書かれているものを選びましょう。




さらに正確な色を再現するのが、印刷物に携わるプロの現場で使われている「色評価用」の蛍光灯です。 
お高いですが、色味にこだわる方は検討するといいでしょう。 
これは一般的な電気屋さんで販売されていません。かなり大きな電気屋さんか蛍光灯などのランプを専門に扱っているお店を探す必要があります。 
直管タイプのものしか販売されていないようです。 



最近はLEDが増えてきました。 
省エネの時代には、こちらの方が合っていると思います。 
しかし、色の正確さでは蛍光灯の方が上と言われています。
LEDを使う場合は、演色性の高い演色性:80Ra以上)、昼白色の製品を選びましょう。

   




2)メガネは無色透明なものを
サングラスを使わないのは当然ですが、一般的な眼鏡でも「ブルーライトカット」として売られているものは、若干黄色っぽく見えます。 
これも正確な色が見えなくなる原因となります。 
メガネは無色透明なものを使いましょう。

疲れ目で困っている方は「ブルーライトカット」のメガネを普段のパソコン作業に使ってもいいと思います。 
しかし、カラーの作品制作時は無色のものに付け替えましょう。


3)机周りとデスクトップ画像
机周りやデスクトップ画像には、色の強いものは置かないようにしましょう。 
周りの色の影響で、色の見え方が変わってくるからです。 
また、パソコンの向かい側に窓があると、液晶画面に窓の外の光が写り込みやすくなります。 
パソコンの位置にも気をつけましょう。


4)ディスプレイ(MACOS)の設定
本格的にディスプレイの色を合わせるなら、キャリブレーション用の機材を購入してカラー設定をしましょう。
アマゾンで販売されているキャリブレーション用機材はこちら
しかし現実には、キャリブレーション用の機材を使っているイラストレーターは少数派です。 
私も使っていません。 
プロフェッショナル・イラストレーターの多くが使っているiMacやMac Bookといった製品は優秀で、そのまま使用しても色のズレは少ないからです。 
ここではそうした一般的なイラストレーターに向けて、「キャリブレーション用の機材は使わずに、iMacやMac Bookでのディスプレイの設定をどうすればよいのか」を解説していきます。 

ちなみにーー 
私が最初に買ったパソコンは、Power Macintosh 7600でした。 
ディスプレイは別売りだったので、三菱製品を購入しました。 
この三菱製ディスプレイのプロファイルをインターネットでダウンロードして使っていました。 
しかし実際に印刷物のデータを納品してみると、コントラストが強すぎる色校正が上がってきて面食らいました。 
ディスプレイの色が合ってなかったのです。 
他社製品を組み合わせると、色を合わせるのが難しいと実感しました。

それ以降、パソコン本体とディスプレイは同じApple製品で揃えることにしています。 
現在Appleはディスプレイ単体での発売は行っていないので、一体型のiMacやMac Bookのシリーズしか選択肢はないことになります。  

しかし、MacOSの初期設定では、「ディスプレイの色温度は6500k(※1)、ガンマ値は2.2(※2)」になっています。
実は、これは印刷用のデータを制作するには不向きなのです。 
一般商業印刷用(雑誌や書籍など)のイラストレーションを制作するなら、「色温度は5000k」にしましょう。 
一般的な商業印刷業界では、この色温度に統一しているからです。(※4)あなただけが違う色温度にしていると、どうしても色がズレてしまうのです。

一方のガンマ値は、印刷業界においては「1.8」が推奨されています。(※3) 
ネット上には、「Photoshopのカラープロファイルにガンマ値は書き込まれるので、2.2でも問題ない」とする記述もあります。
しかし私たちプロフェッショナル・イラストレーターは、印刷用のPhotoshopデータ納品時にカラープロファイルを書き込みません。 
だから、「本当に2.2でいいのか?」という疑問も感じます。 
「2.2」でもいいのかもしれませんが、私は「1.8」に設定しています。 
「1.8ではダメだ」という記述はどこにもないので、こちらのほうが安心なのです。 
Webの仕事なら、一般的なパソコンの色に合わせて、「色温度が6500k」「ガンマ値は2.2」にして作業しましょう。


ディスプレイの画面には多少の個体差もあります。
長年使っていると徐々に劣化もしてきます。 
プロフェッショナル・イラストレーターならば、購入時と年に1回程度、ディスプレイのカラー設定が必要なのです。

では、ここからーー 
印刷物のデーター制作用に、ディスプレイを「色温度は5000k。ガンマ値は1.8」に設定する方法を順を追って説明していきます。
まずは、MACOSの「システム環境設定」を開きます。(MACOS10.11.6における設定です)
すると、下のような画面となります。 





この中の「ディスプレイ」を選びます。すると下のような画面が開きます。



「カラー」を選びます。
すると下のような画面が開きます。



ここで裏技を使います。
optionキーを押しながら「補正」ボタンをクリックします。(MACOS10.10までの場合は、optionキーは不要ですすると下のような画面が開きます。




詳細モードにチェックを入れて、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。



結構わかりにくくて大変なのですが、、、指示に従って設定します。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。




引き続き、指示に従って設定します。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。


さらに、指示に従って設定します。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。




根気強く、さらに指示に従って設定します。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。

いい加減投げ出したくもなりますが、ぐっとこらえて、指示に従って設定します。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。 


ここで1.8を選びます。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。 


ホワイトポイントは、「D50(5000k)」を選びます。
最初は、黄色っぽく感じるかもしれません。
しかし、目が慣れてくると、これが自然な色に見えてきます。
終わったら、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。  



 他のユーザーはいないのでこのまま「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。  

わかりやすい任意の名前をつけます。 
今回は「iMac G1.8 5000k2」としました。 
さらに、「続ける」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。

 このまま「完了」をクリックします。
すると下のような画面が開きます。



新しいプロファイルが追加されていることを確認します。
印刷物を製作する際はこのプロファイルを使います。 
Web用の作品を製作する時のため、「色温度6500k」「ガンマ値2.2」のプロファイルも作っておきましょう。  
この二つをを仕事に合わせて切り替えて使うのが、プロフェッショナル・イラストレーターです。

なお、MACOS10.12ではディスプレイの設定で、「Night Shift」 というものが登場しました。夜になると、自動的に色が暖色系に変わるそうです。時間帯によって作品の色が変わっていたら仕事になりませんね。これは使わないようにしましょう。



今回はここまでです。
次回は、アドビ・イラストレーターやアドビ・フォトショップにおけるカラー設定を見ていきます。




(※1)色温度とは、光の色を定量的な数値で表現する尺度のこと。色温度が高いと光は青味がかります。色温度が低いと黄色味がかり、さらに低いとオレンジがかります。昼間の太陽光は5000kから6500kとされています。詳しくはこちらhttps://ja.wikipedia.org/wiki/色温度

(※2)「ガンマとは何か」を知りたい方は、こちらが詳しいです。http://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia02_07/
(※3)『カラー図解 DTP&印刷スーパー仕組み事典2017』より。
(※4)ネット上で注文できる簡易印刷の場合、一般ユーザーに多い「色温度6500k」「ガンマ値2.2」に合わせているケースも多いようです。ネット上で直接印刷会社に印刷を発注する場合は、印刷会社に確認しましょう。


続きはこちら




イラストレーターズ通信会員は、会員専用掲示板にて、この記事の内容に関する質問をすることができます。間違いの指摘も歓迎します。
誠に恐れ入りますが、会員以外の方の質問には対応しておりません。
会員専用掲示板では、イラストレーターが仕事をしていく上での不明点、絵の描き方に関する疑問点・アドバイス、イラストレーターの仕事上のトラブルに関する相談など、さまざまな質問・相談が可能です。
イラストレーターズ通信:http://illustrators.jp
入会の案内はこちら:http://illustrators.jp/recruit.htm


※この文の著作権は森流一郎にあります。著作権法上の例外を省き、無断使用を禁じます。