2018年10月11日木曜日

イラストレーターの名前について(1)

イラストレーターとしてスタートする際は、名前についてよく考えましょう。


イラストレーターとしての名前を決めたなら、実際にその名前で活動を始める前にしておくべきことがあります。
イラストレーターとして活動している他の誰かの名前と同じになっていないか調べるのです。
同じ名前のイラストレーターとして活動を始めてしまうと、先に始めていた人への営業妨害となるからです。

たとえば誰かが芸能人を始めるにあたって、すでに有名な誰かと同じ名前で活動したらどうなるか想像してみましょう。
新人タレントが、「木村拓哉」や「吉永小百合」という名前でテレビにでるわけです。
先にその名前で活動している人に迷惑がかかるのは、間違いないです。
一般視聴者にも混乱を与えます。

漫画家の秋本治さんは、デビュー当初「山止たつひこ」というペンネームでした。
「ガキデカ」等で有名な山上たつひこさんとそっくりな名前です。
しかし、山上たつひこさんからクレームが来たこともあり、秋本治に変更したそうです。

イラストレーターも同じです。
たとえ有名でなくとも、先にその名前で活動しているイラストレーターがいるのなら、その名前を使わないのがマナーです。
イラストレーターとして仕事が増えてきてから、同じ名前で先に活動している人からクレームがきたら、名前を変更する必要があるでしょう。
ある程度名前が知られてからの変更は、何かと面倒です。
将来の無用なトラブルを防ぐためにも、誰かと同じ名前は避けるべきなのです。

調べる方法は簡単です。
インターネットで「その名前とイラストレーターという言葉」で検索してみるのです。

同じ名前の人がいたら、たとえそれがあなたの本名であっても、使うのはやめておきましょう。
別の名前を考えましょう。
できれば類似した名前も避けたいです。
最低限、ひらがな表記にするとか、カタカナにするとか、ローマ字表記にするなどして、全く同じにならないようにしましょう。
他にも、
下の名前だけにする、
漢字を一部変更する、
本名をほんの少し変更する、
と、いろんな方法があります。
全く別の名前を考えるのも楽しいです。


2018年10月4日木曜日

イラストレーターのための仕事が増える営業術

あまりに大量の仕事で体調を崩した森流一郎ですが、二十数年前イラストレーターを目指して上京してきた時、実績もコネもありませんでした。
何の当てもなく、東京に来て、営業を始めました。
うまくいったこともあれば、失敗もありました。

ただ作品を見せに行くだけでは、なかなか仕事はいただけません。
仕事を増やすためのやり方があるのです。

森流一郎なりのイラストレーターのための仕事が増える営業術を、イラストレーターズ通信会員専用掲示板で書きました。
「仕事が少ない」「営業に行っても仕事がこない」と困っている会員は、ぜひ読んでくださいね。


「著作者人格権を行使しない」って?

会社に入社するにあたって契約書にサインする必要があったとして、そこにこんな条文があったらどうでしょう?
「労働者の権利を行使しない」
どんだけブラックな会社なんだと心配になります。
そんな契約書にサインするのは怖いと思いませんか?


でも、それと同じようなことがイラストレーターに対しては
「著作者人格権を行使しない」
として、大ぴらに行われているのです。
果たしてこんな契約書にサインして大丈夫なのでしょうか?
そんな契約書を提示されたらどうしたら良いのでしょうか?


会員専用掲示板では、この著作者人格権について詳しく解説しました。
書店で売られている著作権入門書よりも、実際のイラストレーターのお仕事に即した詳しい内容になっていると思います。
会員のみなさん、ぜひ読んでくださいね。

2018年10月3日水曜日

イラストレーター・カウンセリングやっています

「イラストレーター・カウンセリング」とは、プロイラストレーターとそれを目指す人たちのためのカウンセリングであり、コーチングです。
作品指導、イラストレーターになるための相談、仕事をする上での疑問への回答を行います。

カウンセリングを行うのは、日本最大のイラストレーター団体「イラストレーターズ通信」を主宰する森流一郎。
イラストレーターズ通信」の会員数約800人。(2018年9月現在)
長年にわたって、会員イラストレーターからの相談に応じてきた実績があります。


このカウンセリングは、これまでイラストレーターズ通信会員に限定して行ってきたものです。

しかし、せっかくの可能性を持ちながら、どう進んでいいのか分からず迷っている才能がたくさんいることが気に掛かっていました。
そこで、会員外のイラストレーターにも門戸を広げることにしました。


例えば、こんな困りごとはありませんか?
  • プロのイラストレーターから直接絵の指導を受けたい。
  • イラストレーション教室で絵を学びたいけれど、あまりに高くて躊躇している。もっと気軽に教えてもらいたい。 
  • イラストレーションの個人授業を受けたい。
  • イラストレーターになりたいけど、私に才能があるのか不安だ。
  • イラストレーターになるには、どうすればいいの?
  • イラストレーターになりたいけれど、何をどう勉強すればいいの?
  • イラストレターとして活動を始めたけれど、仕事が少ない。どうしたら仕事を増やせるの?
  • 私のイラストレーションに足りないものは何?
  • 仕事を増やす営業のやり方を教えて欲しい。
  • 私がイラストレーターとして成功するために必要なものは何?
  • ポートフォリオの作り方がわからない。
  • イラストレーターの常識やマナーを学びたい。
  • ギャランティの交渉がうまくできない。
  • 仕事のやり方、進め方がわからない。
  • Adobe Photoshopの使い方がわからない。
  • アナログ作品のスキャニングがきれいにできない。
  • パソコンでデータ納品する方法を知りたい。

このカウンセリングは、そんな希望に応え、疑問に回答し、悩みの解決を目指します。


■ 詳細
カウンセリング担当:
イラストレーター 森流一郎 
代金 
イラストレーターズ通信会員:5,000円 (消費税別) 
会員ではない方:8,000円(消費税別) 
当日現金でお支払いください。お釣りのないようにお願いします。 

時間 
1時間程度。
平日の午後13時から15時ぐらいの間でお願いします。

場所 
森イラストレーション事務所
東京都西東京市西原町5-3-5 
西武新宿線田無駅または西武池袋線ひばりヶ丘駅からバス。第3住宅前下車。バス停より約5分 

お申し込み方法 
お名前、年齢、電子メールアドレスとともに、希望の日時を3つ以上を書いて、電子メールでお申し込みください。
その際、今回相談したい内容を簡潔にお願いします。
作品見本を見れるWebサイトやSNSなどがございましたら、そのURLをつけてください。作品データを添付する場合は、合計の容量が10MB以内になるようにしてください。
電子メールアドレス:jimukyoku@illustrators.jp

注意事項 
原則として、一回のカウンセリングで、一つの相談とします。1時間で終わらなかった場合は、そこまでで打ち切ることもございます。ご希望の場合は、2回、3回と何回でも繰り返し受けることが可能です。 
相談内容によっては、カウンセリングに応じられない場合もございます。 
たとえば、法律相談、契約書の作成、契約書のチェック、クライアントとのトラブルの相談などには応じられません。報酬を得る目的でこうした相談に応じることは、弁護士法に抵触する可能性があるからです。 
萌え系(アニメ・漫画系)は得意ではありません。「Webイラストレーターズ通信」(https://illustrators.jp)で作品傾向をご確認の上、お申し込みください。 


森流一郎プロフィール:












日本最大のイラストレーター団体「イラストレーターズ通信」主宰。  
1964年大阪生まれ。 
・1991年JACA入選。
・1996年HBファイルコンペ木村祐二特別賞。第1回ペーター大賞入賞。第87回、97回ザ・チョイス入選。
・1998年ザ・チョイス年度賞川上成夫賞。
・1999年イラストレーションヨコハマコンペ入賞。
・第1回、2回 TIS公募入選。
・2002年より2003年 新聞小説挿絵『カシオペアの丘で』重松清/著 信濃毎日新聞・山陽新聞、ほかで連載。
・2003年より2006年 小説挿絵『なぎさの媚薬』重松清/著 「週刊ポスト」にて連載。
・2003年より2004年 小説挿絵『男好き』神崎京介 /著 『週刊女性』にて連載。
・2004年より2005年 小説挿絵『蜂起』森巣博/著 『週刊金曜日』にて連載。
・2005年 新聞小説挿絵『摘蕾の果て』大崎善生/著 『大分合同新聞』『函館新聞』『岩手日報』『山梨日日新聞』『日本海新聞』『長崎新聞』ほかで連載。
・2008年 新聞小説挿し絵「これから」杉山隆男/著 『北日本新聞』『南日本新聞』ほかで連載。
・2011年 小説挿絵「残夢」鎌田慧/著 『週刊金曜日』にて連載。
・他、新聞・雑誌で、多数の小説挿し絵を担当。

・ブックカバー『シズコズ・ドーター』キョウコモリ/著(青山出版社)、
・ブックカバー『霞町物語』浅田次郎/著(講談社)、
・ブックカバー『嗤う伊右衛門』京極夏彦/著(中央公論新社)
・ブックカバー『覘き小平次』京極夏彦/著(中央公論新社)
・他、多数の書籍のカバーイラストレーションを担当。

・HBギャラリー、ギャラリーハウスマヤ、ピンポイントギャラリー等で個展6回 
・グループ展多数。

『イラストレーション』『イラスト・ノート』その他のメディアで作品紹介、インタビューなど多数。
イラストレーターとして20年以上にわたり活動してきたが、あまりに大量の連載を抱え続けたため、自律神経失調症に。 それをきっかけに、現在は現役から退いている。 
「Webイラストレーターズ通信」森流一郎のページ:
http://illustrators.jp/profile.php?id=0002