2018年5月29日火曜日

「どうしても著作権譲渡にして欲しい」と要望してくるクライアントに対し、イラストレーター側が出すべき条件の考察

「どうしても著作権譲渡にして欲しい」と要望してくるクライアントに対し、イラストレーター側が出すべき条件について、顧問弁護士に相談しつつ、私なりに考えてきました。

イラストレーターズ通信会員掲示板などで繰り返し書いてきた通り、著作権譲渡契約はイラストレーターにとって大きなリスクがあります。
「著作権は再譲渡が可能である」という点もその一つです。

企業がイラストレーターから著作権を買い取ったとします。しかしその企業にとってそのイラストレーションが不要になれば、著作権を他の企業に再販売(再譲渡)することも可能なのです。
そうなると、イラストレーターの知らないところに著作権が渡って、知らない広告に使われる可能性があります。
出版社に譲渡したつもりが、化粧品会社の広告に使われる可能性もゼロではないのです。

イラストレーターが競合他社で仕事をすることは、「バッティング」と呼ばれ、一般的に禁じられていることが多いです。
しかし、知らないところでイラストレーションの著作権が再譲渡されたら、知らない企業の知らない広告に使われて、イラストレーターの知らないところでバッティングが生じる可能性があるのです。
そうなるとイラストレーターは多額の賠償金を負わされかねません。

クライアントに求められるまま著作権を譲渡していると、イラストレーターは広告の仕事を安心して受けることが出来なくなっていくのです。
イラストレーターにとって、著作権譲渡で仕事を受けることは自身の未来を売っているようなものなのです。

こうした問題を防ぐために、どうすればよいか?
一番いいのは、著作権譲渡の仕事を受けないことです。
著作権譲渡を条件としてオファーがあっても、著作権譲渡にしないようクライアントを説得することです。誠実なクライアントであれば、大概の場合、著作権譲渡にならずとも、双方納得のいく条件で仕事は可能です。
実際に私のアドバイスを元に交渉した結果、著作権譲渡にならずに済んだ会員は沢山います。

しかし、どうしても著作権譲渡を希望されたらーー
何らかの事情で断れない案件であったとしたらーー

会員からは、そうしたケースの相談もきます。
どうしたらいいのか?
長年、私にとって大きな問題となっていました。
そんなある日、ふと、著作権譲渡を約束しながら「著作権の再譲渡を禁じる」+「著作物の利用できる業種を限定する」という契約をすれば、リスクを回避できるのではないか? というアイデアが浮かびました。

再譲渡できないので、著作権を買い取った企業が第三者に著作権を販売することは出来ません。
出版社に譲渡したつもりが、化粧品会社で使われる危険もありません。
果たしてそんな契約は可能なのでしょうか?

そういう時はやはり専門家に聞くのが早いです。顧問弁護士に相談しました。
かなり調べてくださったようですが、そうした事例や文献は見つからなかったそうです。
しかし「それを禁じる法律はなく、可能だ」ということでした。

「著作権を買い取った企業がどこかと合併したり、どこかに吸収されたりしても、この条件は引き継がれる」と、考えられるらしいです。

しかし、その企業が破産した場合はどうなるでしょう?
顧問弁護士によれば、「破産管財人は当該条件に抵触しない限りで売却を試みることになるだろう」ということです。
どこの企業が買い取るかはコントロールできません。
この契約では完全ではありませんね。

万が一のケースではありますが、第三者に渡る可能性はゼロとは言えないようです。
破産した場合に備えてどんな契約にすればいいのか、引き続き考えていきたいと思います。

やはり作家性の高いイラストレーターなら、著作権は譲渡しないほうが安心だと思います。
少なくとも、安い金額で売るものではないのです。


文:イラストレーターズ通信主宰 森流一郎

※この文の著作権は森流一郎にあります。著作権法上の例外を省き、無断使用を禁じます。
※もっと著作権に関して学びたい方は、日本最大のイラストレーター団体「イラストレーターズ通信」にご入会下さい。掲示板で様々な知識や情報が交わされています。今仕事をしているプロイラストレーターの実践に基づいた生の声を聞けます。イラストレーターとして仕事をする上でのどんな質問や相談もできます。