2011年8月16日火曜日

冊子イラストレーターズ通信vol.11」 参加イラストレーター募集(2次募集)

「冊子イラストレーターズ通信」とは、プロフェッショナルイラストレーターによるプロモーション冊子です。

会員・非会員を問わず参加できます。
バックナンバーはこちら。
http://www.illustrators.jp/booklet.htm

vol.10は、アマゾンでも購入可能になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4904823095

現在、2012年4月発行予定の「冊子イラストレーターズ通信vol.11」の参加者を募集中です。



エージェンシーではない個人のイラストレーターが、プロフェッショナルレベルのイラストレータープロモーション冊子を、7000件(vol.10の発行部数8000部のうちのクライアント向け発送実数が7000部です。ただし、vol.11では変わる可能性もございます)ものクライアントに無料で送付している活動は、おそらくは「イラストレーターズ通信」だけでではないでしょうか?
冊子創刊から10年、地道ながら、黙々と続けてまいりました。

発送先は、中小から大手までを含む出版社、様々な雑誌の編集部、グラフィックデザインに関わる会社、広告代理店などです。
イラストレーションを発注する、主な会社や個人は、かなりカバーできていると思います。

冊子に掲載されれば、何千件ものクライアントに貴殿のお名前と作品が知られることになります。
営業(売り込み)で、1件1件クライアントを回って、話を聞くことはもちろん大事です。
しかし、実際にあっていただけることが少なくなった現在、これだけの数を売り込みで回る事は、きわめて困難ではないでしょうか?

また、個人でファイルを送るとして、その郵送代を考えてみましょう。1部80円だとすると、7000部×80円で、56万円もかかります。
プリントアウト代やファイル代も加えると、さらに高額な費用がかかるでしょう。
それが、印刷代や郵送代も含めて、お手頃な価格で、何千件というのクライアントに、貴殿のお名前と作品を知らせることができるのです。


個展を開催するのもよい宣伝方法です。
原画をみていただき、来場者と直接お話をするのは貴重な体験です。
しかし、何千人ものお客様にご来場いただくことは、人気作家でも難しいでしょう。
東京のいいギャラリーを借りるとなると、数十万円というお金もかかるでしょう。

Webサイトで作品を公開するのも良い方法です。
しかし、人気作家でない限り、訪問人数は少ないのが現実ではないでしょうか?
「冊子イラストレーターズ通信」でURLを公開すれば、より多くの方に作品を見ていただくことができるでしょう。

営業(売り込み)、ファイルの送付、個展、Webサイトと並ぶ、第5の営業方法として、「冊子イラストレーターズ通信」は、きわめて効率的な手段ではないでしょうか?

残念ながら、すべての参加者がお仕事につながる事を保証するものではございません。
しかし、2000年の創刊以来、多くの方がお仕事につなげてきたことも事実です。
この冊子に参加後、有名になっていったイラストレーターも数多くいます。

過去の冊子に関する画像と詳細は、こちら。
過去の参加イラストレーターは、こちら。
仕事につながった例は、こちら。
会員の感想は、こちら。

また、「イラストレーターズ通信」はエージェンシーではございません。
お仕事が発生した場合の仲介料は一切発生しません。
お仕事は、クライアント様と直接のお取引をお願いしています。

国籍不問。海外在住者の入会も受け付けています。ただし、日本語の読み書きが堪能であることが必要です。
参加費は、原則、三菱東京UFJ銀行への振込でお願いしていますが、
外国人、海外在住の方にはPayPal(http://www.paypal.jp/jp)にも対応します。

注意:「冊子イラストレーターズ通信」に参加しても、会員ではございません。「プロフェッショナル イラストレーター集団 イラストレーターズ通信」 への入会申し込みは、また別となります。
入会申し込みは、こちら。
http://www.illustrators.jp/recruit_02.htm